2019/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています



【感想】
これは良かった。
資本主義卒業試験を読んだあとだったのでさらに良かった。

なぜ日本がこのようになったのかを著者の観点から解説している。


とてもわかりすく、同意できた。


【抜粋】
自分が輝いていた過去に執着するということは、現在の自分を否定すること


神よ、私たちにお与えください。
変えることのできないものを受け入れる冷静さと、
変えることのできるものを変える勇気を。
そして、その二つを見分けるための知恵を。
1943年 ラインホールド・ニーバー牧師 作


様々な生活環境、生活スタイル、価値観の人たちと触れ合っていく『場』を増やすと心の免疫力がアップする


人生に期待するのはやめて、人生から自分が何を期待されているのか考えよう。


良くも悪くも好奇心旺盛の日本人。ときの権力者にうまい具合に利用されやすい。


過密ダイヤを秒単位で正確に運行する鉄道システムは世界一だか、日本人が時間にせきたてられて生きている象徴のようだ


恥の文化が浸透している日本人、日本社会も失敗に対して不寛容


キリスト教と違い、仏教や神道は自殺を明確に禁じていない

武士道では生き恥をさらすより自殺(切腹)が崇高なものとされていた


医師に看取られず不慮の死を迎えると変死扱いになる
→WHOより、変死の半数は自殺
→日本の変死者数は年間14〜15万人
→日本はこのうちの半数は自殺者数にいれていない


日露戦争の戦没者数は約8万8千人、日本の自殺者数は約3万人、3年に一回戦争しているようなものだ


フランス:
自分の意見を言わない人は軽んじられたり、何を考えているかわからないと気味悪がられる


「個」育てが下手な日本人


昨今の若者:
親しい人間には過剰に気配りをする反面、第三者には無関心でコミュニケーションを避ける傾向がある


日本家屋の構造:
薄い障子やふすま、板戸によって仕切られている住居の中では家族であっても、お互いを気にしたり、遠慮しあったりしていた。


フランス人→人と同じこと(独自性がなくなること)で悩む

日本人→人と違うことで悩む


人間をランク分けする言葉が溢れている


正しく「悩めない」という不幸




125作目

スポンサーサイト

  • 18:38
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

comment









trackback