2019/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています



【感想】


「正義」とはなんなのか


具体的な事例をもとに考えさせられる内容



講義を本にしたものなので仕方ないかもしれないが、やや分かりづらい




あなたは暴走列車の運転手


進行方向が二手にわかれている


現在のレール上には5人の作業員


このままでは5人全員死んでしまう


他方のレール上には1人の作業員



このときあなたはどうするか


多数の人が「5人の命の方が1人の命よりも重い」と判断するのではないだろうか




また、あなたは橋の上からこの状況を見ている


この場合レールは一本のみ


隣には体格の大きい人がいる


(非現実的ではあるが)
この人を列車の前に突き落とせば男性は亡くなってしまうが


5人の作業員を助けることが出来る


このときあなたはこの男性を突き落とすべきか



多数の人が「それはすべきではない」と答えるのではないだろうか




一体この判断の違いは何が働いているのだろうか




【抜粋】


アメリカのGNP(国民総生産)はいまや年間8000億ドルを超えている。

だが、そのGNPの内訳には、大気汚染、タバコの広告、高速道路から多数の遺体を撤去するための救急車も含まれる。

玄関のドアにつける特性の錠と、それを破る人たちの入る監獄も含まれる。

セコイアの伐採、節操なく広がる都市によって失われる自然の驚異も含まれる。

それに・・・子供たちにオモチャを売るために暴力を美化するテレビ番組も含まれる。

それなのに、GNPには子供の健康、教育の質、遊びの喜びの向上は関係しない。

詩の美しさ、結婚の強さ、市民の論争の知性、公務員の品位は含まれない。

われわれの機知も勇気も、知恵も学識も、思いやりも国への献身も、評価されない。

要するに、GNPが評価するのは、生き甲斐のある人生をつくるもの以外のすべてだ。

そして、GNPはアメリカのすべてをわれわれに教えるが、アメリカ人であることを誇りに思う理由だけは、教えてくれない。



ジョン・F・ケネディ




65作目

スポンサーサイト

  • 12:33
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

comment









trackback